ホーム | ミノキシジルの副作用には一体どういったものがあるのか? »

2015年9月18日

ミノキシジルが入っている育毛剤ってどんなものがあるのか調査!

mi.jpgAGAの薄毛には、ミノキシジル!そういわれるほど、AGAの薄毛に効果を発揮する
ミノキシジルが入っている育毛剤。

ミノキシジルが入っている育毛剤ってどんなものがあるの?
調査してみました。

まずは、日本で初めて厚生労働省が許可した大正製薬のリアップ。
ミノキシジル1%に5%を配合した育毛剤があります。
また、女性用のミノキシジル1%入りのリアップジェンヌ。

そして、ロゲイン。
ロゲインは成果初のミノキシジルを配合させた育毛剤として知られていますね。
ミノキシジル5%配合しています。
ロゲインのミノキシジル5%の育毛剤にはフォームタイプもあって、
泡で出てくるから、育毛剤のデメリットである液だれがしにくく、使いやすいといわれています。
女性用もあって、女性用は2%のミノキシジルを配合させています。

さらに、ロゲインのジェネリックにカークランドがあります。
ロゲインのジェネリックとあって、中身はロゲインと同じだけれど、
価格が安いのが特徴。
フォームタイプもありますよ。
ただ、ネットなどで輸入代行業者などから購入する必要がありますが、
価格の面で、続けやすいのはありますね。

次にポラリス。
アメリカの企業が製造販売しているミノキシジル入りの育毛剤です。
こちらも海外製品となるため、ネットで購入する必要がありますが、
ミノキシジルの配合量は最大。
5%、7%、15%、16%を配合させたミノキシジル入りの育毛剤があります。

他にも、マイナーブランドのミノキシジル入りの育毛剤には
スペクトルやアクタビス、フォリクロンローションもありまして、
どれもミノキシジルの配合量は5%ほどとなっております。
マイナーに手を出すのもいいけれど、使っている人が少ない分、
レビューや効果についてわかりにくいので、
どうせ5%ほどの配合率なら、有名どころを使用する方がベターと思われます。
有名どころなら、ネットでもその効果や副作用についてのレビューが多く
情報を入手しやすいからです。

ミノキシジルが入っている育毛剤は薄毛に絶大な効果があると信頼性の高い
成分ですが、いきなり15%、16%も入っている育毛剤を使いのも考え物です。
なぜなら、副作用があるといわれていますからね。
ミノキシジルが入っている育毛剤を使う際には、副作用についても
調べておいて、納得してから買いましょう。
また、個人輸入や代行業者を使っての育毛商品の入手についても
少々気を付けた方が良いです。
悪質業者もあったり、注文したものと違うものが届くなどのトラブルも
言われています。
安すぎる金額であったり、中国語で書かれていたりするものが危険性が高いなんて
ことが言われています。
信頼できる業者から入手するようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、xidileが2015年9月18日 10:27に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ミノキシジルの副作用には一体どういったものがあるのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。